デイサービス 看護師

 

 

デイサービスの介護保険制度が、2015年に改定になったけど、これからは、どういう影響を受けるのかな?

 

デイサービスの給与体系には満足できるけど、急変対応を一人で対応できるかな?

 

デイサービスの勤務体系に魅力を感じるけど、介護職員とうまくやっていけるかな?


あなたは、こんな不安をもっていないですか?

 

実際小規模デイサービスで仕事を始めた看護師さんの悩みは深刻なものがあります。

 

(31歳 病棟看護歴7年 池沢優子さん仮名)

デイ サービス 看護師,デイサービス 看護師 役割,デイサービス 看護師 仕事 内容,デイサービス 看護師 給料,

9:30-16:30で週休2日制!
給与も有給も満足できるレベル!
家の近くのデイサービス介でした。
利用者定員も10名で、ゆったりとしたペースで
向き合えそう!

 

 

それまでブランクのある看護師で、小6と小4の小学生二人の子供の子育てで、忙しい私にとっては、願ってもない職場と考え、すぐに履歴書を送りました。面接の際には即決で入職を決断しました!

 

私は看護師なので看護の力で、要支援者の方で認知を発症している利用者さんに、落ち着いて頂きたいとの思いが強いです。

 

それで薬で症状を抑え込むのではなく、関わり方や信頼関係、個別にその方の症状に合わせて落ち着いて頂けるように毎日、奮闘していました。

 

このデイサービスの現場に入って、しばらくすると、介護報酬の改定があり、その後、私の想像を絶する経営状況であることが、分かりました。

 

私は、経営難に陥ったデイケアの経営者から休日出勤を頼まれ、さらに給与の値下げに応じてもらえないか?
との打診をうけて、退職することになりました。

 

 

2015年介護報酬の改定

 

デイ サービス 看護師,デイサービス 看護師 役割,デイサービス 看護師 仕事 内容,デイサービス 看護師 給料,

今回の改革は、介護給付にある要支援者の訪問介護とデイサービスを、地域支援事業に移そうというものです。

 

実施は2015年4月から。ただし、最初の3年は準備のための期間という位置づけです。

 

この間、準備を整えた市町村から徐々に移行を済ませていき、2018年度から完全実施となります。

 

2015年の介護報酬の改定によって、小規模通所介護=小規模デイサービスは、介護報酬の減額を受け、厳しい打撃をうけました。

 

 

特に小規模デイサービスは@中規模デイサービスか、A小規模多機能のサテライトか、B地域事業に移行することが決まりました。 

 

 

看護師配置基準の緩和

 

このような、小規模デイサービスの事業者は生き残りをかけて、上記@の中規模デイサービスへ移行するケースが、今後増えていきます。
 
上記Aの小規模多機能のサテライトにするには、サービス内容を根本から変更する投資が、必要でリスクがあるからです。

 

小規模デイサービスから中規模デイサービスへ移行する場合、看護師の配置基準を満たす必要があります。つまり看護職員が1名以上必要となります。

 

 もっとも、病院、診療所、訪問看護ステーションと連携し、健康状態の確認を行った場合には、人員配置基準を満たすものとするという特例も合わせて、改定内容に盛り込んでいます。
 
したがって病院、診療所、訪問看護ステーションと契約して、看護師に来所してもらうという選択肢もあります。

 

しかし交通費等や、常駐の看護師が在籍していることのデイサービスへの信用性等を考えると、直接的に雇用した方が、デイサービスにとって有利になります。

 

すると、小規模デイサービスが中規模デイサービスへと移行する際に、看護師さんの求人募集を選択するケースが増えます。

 

というのもほとんどのデイサービスが、小規模デイサービスとして、稼働していたからです。

 

通常規模デイサービスへ移行する事業者に注意
 

デイ サービス 看護師,デイサービス 看護師 役割,デイサービス 看護師 仕事 内容,デイサービス 看護師 給料,

この中規模デイサービスへと移行する際の求人に対して、看護師さんが求人を選ばないと、転職が失敗に終わるリスクが高くなります。

 

中規模デイサービスへ移行するためには、看護師のほかに、施設を拡張したり、介護用員を配置しなければなりません。
 
ということは、中規模デイサービスへ移行したデイサービスは、投下資本をすぐに回収すべく、看護師の稼働率を高めに設定します。
 
比較的高額な新たな看護師さんの給与分を賄うためには、新任看護師さんに対して、稼働率を120%を目指して仕事をしてもらう必要性があるからです。

 

これに対しては、デイケアや大規模デイサービスの看護師の求人に、応募すればと思われるかもしれません。

 

しかしデイケアや大規模デイサービスは、数が少なく、自宅から通勤できる範囲に拠点を構えている可能性が少ないです。

 

すると、子育てと両立を図る看護師さんにとっては、通勤時間が長すぎるという別の問題点が生じてしまいます。

 

 

楽しくて、子育てとも両立できるデイサービスで働く看護師さんもいます。

 

(33歳 病棟看護歴10年 富田裕子さん仮名)

デイ サービス 看護師,デイサービス 看護師 役割,デイサービス 看護師 仕事 内容,デイサービス 看護師 給料,

仕事内容は利用者さんのバイタルと、入浴時の着脱介助と簡単な軟膏を塗ったり、
投薬管理、食事時の見守り、歯磨き介助、リハビリの見守りと介助です。

 

その他は介護者がしてくれます。急変時はすぐに救急車を呼び、日々のバイタル
の傾向を踏まえて、病院へ連絡します

 

転職したての頃は、毎日緊張の連続でしたが、最近は職員とも馴染んできて楽しいし、利用者さんの特徴も解ってきて仕事はなんとかこなせるようになってきました。

 

私のこの転職したデイサービスは、経営状態が安定しているのと、看護師と介護職との役割分担が、きちんと定められていて、現場でも守られていました。

 

 

デイ サービス看護師の求人をどのような視点で選ぶべきでしょうか?

 

デイ サービス 看護師,デイサービス 看護師 役割,デイサービス 看護師 仕事 内容,デイサービス 看護師 給料,

デイサービス側が新任の看護師にすべて丸投げにするではなく、介護スタッフに対して@看護師と介護スタッフとの役割分担が組織上明確に示されていて、Aデイサービスの現場でもこの役割分担が貫かれているのが、ひとつの目安です。

 

デイ サービスの看護師の仕事内容は、 利用者の急変時には、救急搬送の是非の判断、かかりつけ病院への連絡、救急車への連絡等の対応も行います。看護職員として利用者の健康チェックや入浴の可否の判断などを行いまた、必要に応じて機能訓練や、口腔、嚥下体操などのチェックなども行うのが原則です。

 

しかし、実際には、バイタルサインをチェックしようとすると、介護スタッフから、邪魔者扱いされてしまったり、「そんなことしている暇があるなら、介助を手伝ってほしい」といった態度を明らさまにとられることも多いです。

 

このような職場では、デイサービスの経営部門が、他業種からの参入で成り立っていることがほとんどです。他業種の経営者の考え方としては、現場で最も苦労する層を、ポジション的にも上に捉えようとします。

 

病院では、医師→看護師→介護スタッフという組織のポジションが通常です。これに対して、このようなデイサービスでは、ケアマネ→介護スタッフ→看護師のポジションを形成しがちです。

 

このような縦系列の意識のデイサービスでは、介護スタッフと看護師の役割分担が、明確に定められていないことが多く、その結果、看護師は疎外感と看護師として、これで良いのか?という良心に苛まれることになります。

 

もちろん、介護スタッフに対して、看護師と介護スタッフとの役割分担を組織上明確に示されていて、現場でもこの役割分担が貫かれているところでも、看護師が介護のお手伝いをすることは、あります。しかしそのお手伝いは、看護業務を遂行するための手段として、行われます。  

 

デイ サービス 看護師,デイサービス 看護師 役割,デイサービス 看護師 仕事 内容,デイサービス 看護師 給料,

例えば、送迎車に看護師が同行するのも、利用者の家族とふれあい、自宅での利用者の状況を詳しく聞き取り、以てその情報を看護業務に役立てる目的でおこなわれます。

 

送迎車の運転を看護師さんにもお願いするデイサービスもあるらしいですが、役割分担という視点からは、疑問です。

 

ただデイサービスに於いて看護師が、看護の仕事オンリーというわけにはいかないんだろうなと、大人の事情的な推察をするとこも大切です。
看護の仕事だけだと偏ってしまわないように、いつもバランス感覚が重要なのです。

 

 いつも看護師として、利用者さんのバイタルサインを見逃さないよう、きっちりチェックすることは必要です。

 

 もっとも、介護職のスタッフさんから、入浴前の利用者さんのバイタルチェックで「急いで!看護師さん」とか、仕事のやり始めでは、言わるかもしれません。しかし看護師との仲間意識が芽生えると、次第にそういうことを言われなくなります。

 

 やはり、看護師が、介護に一度でも関わると、介護職のスタッフも看護師との仲間意識が芽生えるみたいです。こういう意識が、芽生えるのに必要な範囲で、介護のお手伝いをするのが、デイサービスの看護師のバランス感覚として、要求されてきます。
 
看護師の給与が高いから、手伝わなければならない?
 
看護師の給与が高いから、なんでも屋さんのように仕事を手伝わないと、職場に居場所がないというデイサービスは、避けましょう。

 

デイサービスへ転職して、成功された看護師さんは、看護師としての業務に必要な範囲で、介護のお手伝いをしています。

 

そうでなければ看護師の業務がおろそかになり、自分の仕事に自信を失い、転職そのものが失敗に終わります。

 

 

求人を探す上で、このようなデイサービスかどうかは、現場の生の情報が必要です。

 

過去の利用者の看護師が最も多く、現場の生の情報が入る人材紹介はこちら