福祉施設では入浴や食事や排泄といった身体的なケアだけでなく、利用者への情緒的ケアも重要な側面である。さらにそれに加えて、家族への対応、病院や福祉施設での入院患者や利用者向けの旅行や誕生会といった行事もを含む全体の年問スケジュールの実施も大きな意味をもつ職務であろう。

 

看護師や介護師に対してボランティア精神豊かな聖職者と見做なしたり、特に介護師に関しては、非営利的なものとして捉えたりといった背景から、回りのニーズに応えようとして、従事者も加重な仕事をこなそうとすることを強いられるという独特の問題が起こっている。ここに医療や福祉の場で働くことの難しさがある。

 

その他、病院内や福祉施設での従事者間でのミーティング、他機関との連携等、非常に多岐にわたっている。したがって皮肉なことに、患者や利用者にとって、良心的なサービスをしょうとすればするほど、従事者の負担が重くのしかかることになる。

 

長期に人院している患者や特に福祉施設に入居している利用者にとって、病院や福祉施設は生活の場でありるが、従事者にとっては「労働の場」であることからひずみが生じてしまうこともある。病院では治療の場であり身体的なケアが中心とはいえ近年では、症状の受容などに伴う情緒的なケアも必要とされている。

 

以上から、看護師も介護師も離職率が高くなり、人手不足となる。

 

デイサービスの看護師